防犯に関するご相談、ピッキング、サムターン回し、カム送り、ガラス破り。泥棒窃盗団対策はカギの救急車とカギの110番へ


工事事例

一覧へ戻る

フロアヒンジ交換工事 経年劣化による動作不良 強化ガラス扉

工事内容:フロアヒンジ交換工事

強化ガラス扉フロアヒンジの交換

経年劣化による動作不良をおこしたフロアヒンジの交換工事です。

築15年の石張りのフロアヒンジで扉のストップ機能、扉開閉調整が効かなくなりました。

P1010206 石張りのコーキングを丁寧に取っていきます。

 

192-193

石張りを外して本体を取り出します。
(今回は屋内設置のフロアヒンジの為、それほど錆びて
いませんでしたがマンションのエントランス等、水がかかる
場所では劣化も早く約10年で全体が錆びてきてしまいます)

 

202-204 新しいフロアヒンジを納めます。
扉の停止位置、開閉スピードの調整を行います。

 

208-218

プレート、石張りを取付、コーキング前の養生を行い
丁寧にコーキングを施します。

 

 P1010221

乾燥後、テープを剥がし工事完了です。
扉は正常な位置で止まり。ドアの開閉スピードも
適度な速度に戻りました。

 

扉のストップ機能や扉の開閉スピード調整が効かなくなると、人の出入りの際大変危険ですので、
早急な交換をおすすめいたします。


トップへ戻る