一般社団法人 カギの110番・カギの救急車

お役立ち情報

安全安心 鍵屋さんの選び方

 インターネットが発達した今、困ったことはスマホやパソコンで検索する時代となりました。鍵の紛失などのトラブルにもスマホが役に立つでしょう。しかし実際に検索をしてみると多くの鍵屋さんがヒットし、何を基準に選べばいいかわからないということが起きてしまいます。

 そこで安全安心な鍵屋さんの選び方をご紹介いたします。

 

店舗運営をしている鍵屋さん

 「家に来てもらい鍵を交換するのだから店舗が無くても関係ないのでは?」とお思いになったあなた、大事な鍵をフリーダイヤル1本で、どこの誰だかわからないその人に任せて大丈夫ですか?不具合が起きた時にはもうその電話番号はつながらないかも?同じような名前のお店ばかりでどこに頼んだのかわからない。そんなことになるかもしれません。

 店舗を運営しているということは逃げも隠れもしない地域に根差した営業をしているという「信頼の証」です。一度ご来店して下さい。顔を見て話し、どんな人が工事に来てくれるかわかれば安心して任せらるか判断ができることでしょう。

 

全国共通フリーダイヤルに要注意

「全国どこでもフリーダイヤル1本で駆け付けます!」頼もしいキャッチコピーですが、それは本当に鍵屋さんでしょうか?

 それは鍵屋さんではなく「コールセンター」業者の可能性が高いです。コールセンターのオペレーターですので細かい鍵の仕組みはわかりません。何を聞いても「とりあえずお伺いします」しか答えてくれないことも…。実際に来てくれる業者は別の委託された業者なので、到着時間が遅れたり、料金が違ったりトラブルが多発します。「最安」「開錠○○円」「最短○○分」などのワードにも注意です。いざ頼んでみると「話が違う」ということになりかねません。

 また、フリーダイヤルは固定電話の番号がわからないので業者の所在地がわからず、掲載されている住所には業者が存在しないなんてことも起こりかねません。

 カギの110番・カギの救急車では全国共通のフリーダイヤルではなく、各店に一つずつフリーダイヤルを設置しています。コールセンターのオペレーターではなく直接鍵の専門家につながります。安心してお悩み事をご相談ください。

 

ネット検索の上位に表示される=信頼できる鍵屋さんではない

 インターネットで鍵屋さんを探すと見覚えのあるタレントさんが起用されていることがあります。これなら信用できる鍵屋さん……ではありません。

 鍵屋さんではないコールセンター業者の商売は、高額の広告費で上位にネット広告を表示させたり、目立つタレントさんを起用して集客し、登録している専門業者(鍵・水道・ガラスなどいわゆる下請け)にお客様を送客することで紹介料を請求するのです。専門業者も高額の紹介料(工事代金の40%と言われています)を払っていますので、仕方なくお客様への請求も高額になってしまいます。

 

実績のある鍵屋さん

 店舗のホームページなどで創業年を確認してみましょう。地元に店舗があり創業の古い鍵屋さんは信頼度が高いです。実績がある業者ほどどのような状況でも臨機応変に対応してくれることが多いです。

お近くのカギの110番・
カギの救急車を探す