一般社団法人 カギの110番・カギの救急車

新着情報

映画『母と暮せば』×「カギの110番・カギの救急車」 劇場鑑賞券プレゼントキャンペーン

2015.11.10

 

終戦70年―。
山田洋次監督が作家・井上ひさしさんに捧げて
長崎を舞台に描く『母と暮せば』が、ついに映画化。

 

 

映画『母と暮せば』×「カギの110番・カギの救急車」 劇場鑑賞券プレゼントキャンペーン 劇場観賞券プレゼントキャンペーン開催!! 終戦70年―。山田洋次監督が作家・井上ひさしさんに捧げて長崎を舞台に描く『母と暮せば』が、ついに映画化。映画公開を記念して劇場鑑賞券が当るキャンペーンを実施中!! 【応募期間】11/10(火)~12/10(木) 映画『母と暮せば』 ―― もう息子には会えないと、思っていました。 ―― 公開 : 12月12日(土) 全国ロードショー

 

やさしくて、悲しい。
山田洋次監督初のファンタジー。

 

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で死んだ息子・浩二が亡霊となってひょっこり現れる。
「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。
その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。
「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、喜びに満ちていた。その幸せは永遠に続くようにみえたが―。
母親・伸子役に吉永小百合、息子の浩二役に二宮和也、浩二の恋人・町子役には黒木華、そして浅野忠信、加藤健一という理想的なキャスティング、そして音楽は、これが山田監督作品への初参加となる坂本龍一が手掛けます。
すべての母へ、そして母から生まれたすべての人へ。山田洋次監督が初めてつくる、やさしく泣けるファンタジー作品が誕生します。

 

■ 公 開: 12月12日(土) 全国ロードショー
■ 監 督: 山田洋次
■ 音 楽: 坂本龍一
■ 出 演: 吉永小百合 二宮和也
黒木華 浅野忠信 加藤健一
広岡由里子 本田望結 小林稔侍 辻萬長 橋爪功 他
■ 公式サイト : http://hahatokuraseba.jp/

 

映画『母と暮せば』と“カギQトリオ” のカギの110番・カギの救急車がタイアップ!
抽選で劇場鑑賞券が当たる!


映画『母と暮せば』×「カギの110番・カギの救急車」 劇場鑑賞券プレゼントキャンペーン 劇場観賞券プレゼントキャンペーン開催!! 終戦70年―。山田洋次監督が作家・井上ひさしさんに捧げて長崎を舞台に描く『母と暮せば』が、ついに映画化。映画公開を記念して劇場鑑賞券が当るキャンペーンを実施中!! 【応募期間】11/10(火)~12/10(木) 映画『母と暮せば』 ―― もう息子には会えないと、思っていました。 ―― 公開 : 12月12日(土) 全国ロードショー

カギの110番・カギの救急車 店舗案内

映画「母と暮せば」公式WEBサイトはこちら
● PHS、携帯電話および一部のスマートフォンからはアクセスできません。
● ご入力・ご記入いただいたメールアドレス、住所が不明・連絡不可能などにより賞品がお届けできない場合は当選が無効となります。
● 賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。
● ご応募は、お一人様一回限りとさせていただきます。同じ方が重複当選することはありません。
● 当選についてのお問い合わせはお答えできませんので予めご了承下さい。
● 当選権利の譲渡・換金・交換などはできません。
● メール送受信・サイトアクセスなどにかかる通信料はお客様負担となります。
● 一部の機種では仕様により、画面構造が崩れたり、正しく機能しない場合がございます。予めご了承ください。
  • 選ばれる理由
  • 加盟店募集
  • 公式キャラクター カギQトリオ
  • 業務提携
  • 防犯豆知識