防犯に関するご相談、ピッキング、サムターン回し、カム送り、ガラス破り。泥棒窃盗団対策はカギの救急車とカギの110番へ


鍵と錠の用語集

五十音目次

名称 読み 説明
アーマープレート
アーマープレート 扉用の彫込みシリンダー箱錠で、フロントが二重になっている場合の外側のものを言う。 メーカー名や型番の刻印がある。近年の玄関ドアだと刻印はロックメーカーの記号でなく、 サッシメーカーの記号である場合が多い。
アールフロント
アールフロント 表面がゆるい山になっているフロントの事。扉用の一部の錠前にある。
合鍵
アイカギ

純正キーを複製した鍵。純正キー(元鍵)と同じように使える。最近の高性能の鍵は不正コピーできない対策がとられている物もある。

ICカード
アイシーカード

接触型、非接触型があり、非接触型には「密着型」「近接型」「近傍型」「遠隔型」の4種類に別れる。

空き巣
アキス

家人等が不在の住宅の屋内に侵入し、金品を盗むこと。

アクセスコントロール
アクセスコントロール

施設利用者に対しての入退室管理、通行制限を掛けること。常時、自動施錠が基本になり、その解除には様々な認証方式がとられる。

アブロイ
(ABLOY)
アブロイ

フィンランドに創業したアッサ・アブロイ社直系のセキュリティメーカー。
アブロイシリンダーはその特殊な構造による、安全性、耐久性を特に評価されている。

アルファ
(ALPHA)
アルファ

総合ロックメーカー。自動車、ロッカー、自動販売機等の産業用がメイン。住宅用では、FBロックと呼ばれる
高性能防犯シリンダーが有名。

暗証番号錠
アンショウバンゴウジョウ

暗証番号を入力することで解錠するタイプの錠。
テンキーやボタンを押すことで暗証番号を入力し、暗証番号が正しければ解錠するというものが一般的。

アンチパニック機能
アンチパニックキノウ 施錠中でも室内側からはノブ(レバー)を回すだけで開錠し扉を開けられる機能。
居空き
イアキ

家人等が在宅し、昼寝、食事等をしている隙に住宅の屋内に侵入し、金品を盗むこと。

威嚇器
イカクキ 異常のあったことを「音」「光」などで人に知らせ、侵入者を威嚇するものをいう。
一回解錠
イッカイカイジョウ 電気的に1回だけ扉開閉ができる機能。解錠時間も設定でき、設定時間を過ぎると施錠する。
イモビライザー
イモビライザー 車やバイクの盗難対策システム。車のコンピュータとIDのやり取りを行い、認証が行われエンジンがかかるシステム。
インテグラル錠
インテグラルジョウ 外側の握り玉の真ん中にある鍵穴が、握り玉を回せば一緒に回る構造の物。古い建物や勝手口に多く使われている。
インフラットセンサー
インフラットセンサー 人体が発する熱線をとらえることで、屋内に入った侵入者を感知するほか、高齢者などの安否確認などに利用するサービスもある。別名「空間センサー」とも呼ぶ。
ウエスト
(WEST)
ウエスト

戸建住宅で多く採用され、ハウスメーカーのOEM錠が多い。

ウォード錠
ウォードジョウ

錠前内部に設けられた障害物(ウォード)を避けるようにキーでカンヌキをを操作する錠前。

内締まり錠
ウチジマリジョウ 室内側からのみ施開錠できる錠前。室外側に鍵穴はない。
打ち破り
ウチヤブリ 道具を用いてガラス叩きつけるよう破壊して侵入する方法。
エーコー
(EIKO)
エーコー

ホームユースからプロユースまで豊富なラインナップとサービス体制を持つ、国内大手の金庫メーカー。

エアタイト
エアタイト ドアが開いている状態で、床から浮いているドア底のタイト材のパッキンが、ドアが閉まる時に下りてきて床との隙間をふさぐ機構。
エスカッション
エスカッション 扉の内外で錠本体やサムターン、握り玉やハンドル等がついている部分に取付けてある金属板。
円筒錠
エントウジョウ ノブの中心に鍵穴がある錠。室内ノブのボタンを押すことで施錠する。防犯性はほとんどない。
オートロック
オートロック

マンションなどのエントランスにあり、住民が持っている鍵などによって開けることができる共用のドアのこと。

置き鍵
オキカギ ポストの隅や、植木鉢の下などに隠しておく鍵のこと。
親子扉
オヤコトビラ 左右2枚ある両開き扉のうち、大きい方が親扉、小さい方を子扉という。戸建玄関ドアに多く採用される。親扉子扉ともに同サイズであれば、錠が付いているドアを親扉と呼ぶ。
カードキー
カードキー カード状のキーを通すことによって開錠できる鍵。磁気データをセンサーに読み取らせる方式が多いが、カードに開いた穴のパターンによって開錠するものもある。
ガードプレート
ガードプレート 錠前のカンヌキを覆い隠し、バールなどによるこじ開けを防止する防犯金具。
カードリーダー
カードリーダー

カードに記録されているデータを読取る装置をいう。

開口部
カイコウブ 建築物で、窓・出入り口・換気口など外部へ向かって開いている部分。
開錠
カイジョウ 純正キーや合鍵を使い、正当な方法で錠を開ける行為。
解錠
カイジョウ 純正キーや合鍵を使わないで錠をあける行為。ピッキングが代表例。

カギ 錠にその錠を操作する資格があるとことを伝え、錠の締まり機構を操作するツール。
鍵違い数
カギチガイスウ 鍵違い数とは鍵のパターン数のことで、鍵のパターンは鍵山の形や鍵そのものの形によって 増減する。
火災センサー
カサイセンサー 火災の発生を感知するセンサー。煙感知式と熱感知式がある。
ガスセンサー
ガスセンサー ガス漏れを感知すると警報音で知らせるセンサー。
勝手
カッテ 扉の引く方に立ち、丁番、ヒンジなどが左に付いているものを左勝手、右に付いているものを右勝手という。
カバ
(KABA)
カバ

世界トップブランドの錠前メーカー、特許によって合鍵作製を禁止している。日本製錠前の対応機種も充実。

鎌錠
カマジョウ デッドボルトが鎌の形状をした錠。
カム送り解錠
カムオクリカイジョウ

特殊な道具で錠シリンダーを迂回し、直接錠ケース内部のデッドボルトを作動させて解錠する空き巣の侵入手口のこと。

ガラス破り
ガラスヤブリ 窓や玄関のガラスを割り侵入する犯罪。
キーウェイ
キーウェイ 鍵穴の形状をいい、シリンダー用鍵側面にある溝。キーウェイを複雑にすることによってピックの挿入を防げる。
キースイッチ
キースイッチ 鍵により開閉するスイッチ。
キーホール
キーホール 鍵穴、キーガイドとも言い、鍵を差し込む穴。
キーライン
(KEYLINE)
キーライン

鍵および機械・電子キーマシンの発案と製造を行うイタリアのメーカー。

キーレスロック
キーレスロック 扉の戸締りに鍵を使わないもの。ホテルなどの電気的装置によるカードキーなどがある。
刻みキー
キザミキー 通常のギザギザしたカットのカギ。
機能記号(機能番号)
キノウキゴウ/バンゴウ

どのような目的で錠前を使用するかによって決まるメーカー毎の型式。

逆マスターキーシステム
ギャクマスターキーシステム

マンションの共同玄関の錠のように1つの錠前を複数の異なる鍵で開けられるシステム。

金庫センサー
キンコセンサー

金庫への破壊、持ち去りを感知するセンサー。

金庫破り
キンコヤブリ

事務所等に侵入し、金庫を破って金品を盗むこと。

クリックボール
クリックボール キーを廻す際、キーを抜く位置に誘導するボール。
クレセント錠
クレセントジョウ 引き違いの窓の戸締りに使われる建築金物。2枚の引戸を密着する機能以外防犯性能はない。
グレモン錠
グレモンジョウ 防音扉に使われる錠前で大型ハンドルを操作してカンヌキの出し入れを行う。カンヌキと同時に上下ロッドが突出する。
ケースロック
ケースロック 錠ケースが箱型で、ノブとシリンダーが別になっている錠前。ドアの中に錠本体(ケース)が入っている。デッドボルトのみの場合は、ケースロック本締錠という。通常はレバーハンドルもしくはノブが付いている。
警戒区域
ケイカイクイキ 警戒線によって区分された区域。警戒エリアともいう。
警戒状態
ケイカイジョウタイ システムが警戒に入った状態で、検知器が検知すると警報を出力できる状態をいう。
警戒線
ケイカイセン 基本警戒線および細分化警戒線の通称。
警察白書
ケイサツハクショ その時代の社会背景を元に、どのような犯罪が発生し、それに対して警察がどのような対策を講じているかを知ることができる資料。
ゴール
(GOAL)
ゴール

業界シェア2位の鍵メーカー。国内ではどちらかというと関西方面に広く普及している。代表的なシリンダーはV18というディンプルキー。

こじ開け
コジアケ 枠と扉の間にバールを差し込み、こじ開けて解錠する荒っぽい手口。
こじ破り
コジヤブリ ドライバーを使って引き違い窓の錠前の部分をサッシのガラス溝に差し込み、こじる様にして指が入る程度の穴をあけ、サッシの錠前を直接開錠してしまう方法。
後藤製作所
ゴトウセイサクジョ

国内ブランクの圧倒的シェアを持ち、流通ルートによって、刻印が変わる。

コンストランクションキー
コンストランクションキー 工事期間中のみに使用するマスターキー。工事完了後、シリンダー内部にあるコンストラクション装置を解除することにより、コンストラクションキーが使用不能となり、各々の錠前のキーでのみ施開錠される。コンスキーという刻印がある。
サムターン
サムターン 錠前室内側のつまみ。つまみを回すことによりカンヌキを操作する。Thumb(親指)をturn(廻す)の意味。
サムターン回し
サムターンマワシ ドアの隙間・郵便受けなどから特殊工具を差し込んでサムターンを外側から回す解錠手口。
サムラッチ錠
サムラッチジョウ ハンドルを握って、親指でつまみを押すことでドアを開ける錠。
左右勝手
サユウカッテ 扉の引く方に立ち、丁番などが左に付いているものが左勝手、右に付いているものが右勝手という。
CP認定錠
シーピーニンテイジョウ 防犯性の高い建物部品として認定された「防犯建物部品」。
磁気近接スイッチ
ジキキンセツスイッチ 磁気部とスイッチ部の2つより構成され、両者の接点または離隔により接点が開閉するものをいう。
自動施錠
ジドウセジョウ 扉を閉めると自動的にカギが閉まる、通称ホテルロックと呼ばれるものでカギの閉め忘れがない。
忍込み
シノビコミ

夜間家人等の就寝時に住宅の屋内に侵入し、金品を盗むこと。

事務所荒し
ジムショアラシ 会社、組合等の事務所に侵入し、金品を盗むこと。
シャッター検知器
シャッターケンチキ シャッタの開閉を検出するものをいう。
ジャロジーセンサー
ジャロジーセンサー ルーバーと呼ばれる羽板で角度を変えることができる「ジャロジー窓」からの侵入を検知するセンサー。換気や採光などの調節に便利で風呂場やトイレなどに利用される。
出入管理システム
シュツニュウカンリシステム 特定場所への出入を管理する為のシステムをいう。

ジョウ 戸や機器に取り付けられ、締まり機構と、施開錠機構の両方を持つ機器。
錠前
ジョウマエ 錠と鍵など、全一組を指していう製品分野での呼称。
シリカ
(SILCA)
シリカ

コンピューター入力による精度の高い合鍵複製など世界最高レベルの性能を誇るキーマシンをはじめ、レーザーキー、トランスポンダーキーなど防犯性の高い鍵の合鍵資材を展開するイタリアのメーカー。

シリンダー錠
シリンダージョウ シリンダー(円筒)に回転運動を加えることでカンヌキを操作する錠前。現代の住宅錠前の多くががシリンダー錠。 その構造によってピンタンブラー錠、ディスクタンブラー錠、サイドバー錠、マグネットタンブラー錠などに分かれる。
侵入盗
シンニュウトウ 空き巣や忍び込みといった手口に代表される家に侵入し財産を奪う犯罪。
スイッチストライク
スイッチストライク 錠のデッドボルトの動きを施解錠信号として出力(無電圧接点出力)する受け座。
スウィングドア
スウィングドア 室内側にも室外側にも開くドア。
ストライク
ストライク デッドボルト、ラッチボルトの受けで、枠に取り付ける。
スマートキー
スマートキー ドアロックの開閉もエンジン始動もワイヤレスで行える仕組みのこと。 各メーカーで名称は異なる。
生体認証錠
セイタイニンショウジョウ 指紋や静脈、虹彩、声紋、掌形、顔などの個人の特徴を認証することで解錠する錠前のこと。
セサミロック
セサミロック 暗証番号を合わせることにより開けるタイプの錠前。自転車用のダイヤル式チェーンロックが代表的。
施錠
セジョウ 扉や窓の錠による抑止機能を機能させる行為。または、機能している状態。
センサライト
センサライト 人が近づくと、センサーが感知し、自動的に点灯して威嚇するライト。家の外周で、人の目が届きにくく死角となる場所などに設置することで、犯罪者を寄せ付けにくくする効果がある。
倉庫荒し
ソウコアラシ

倉庫等に侵入し、金品を盗むこと。

空錠
ソラジョウ 施錠装置がなく、ラッチボルトによる仮締機構のみの錠前。室内間仕切りドアなどに取り付けられる。
耐火金庫
タイカキンコ 耐火性に優れた金庫。 主に火災で紙幣や書類やデータディスクが焼失するのを防止する目的の金庫。盗難防止性能もある程度はあるが、あまり高くない。
タンパ機能
タンパキノウ 防犯警報設備に対する故意の妨害を検知する目的で、機器に組み込まれた機能。
タンブラー
タンブラー 内筒を構成する可動部品。ディスクタンブラーとピンタンブラーがある。
チューブラ錠
チューブラジョウ チューブラ(管)形状の錠。
チューブラー本締錠
チューブラホンジマリジョウ 扉の内外側にそれぞれ円型の穴を開けて扉の内部で接続して取付ける本締錠。
蝶(丁)番
チョウバン

開き戸や開き窓、家具の扉などを開閉に用いる軸金具のこと。ヒンジともいう。

チリ
チリ ドアと枠、あるいはドアとドアの隙間寸法。
通電時解錠型
ツウデンジカイジョウカタ 通電中は解錠、停電すると施錠となる電気錠。セキュリティ重視の扉に使用。
通電時施錠型
ツウデンジセジョウカタ 通電中は施錠、停電すると解錠となる電気錠。非常口向け。
ディスクタンブラー錠
ディスクタンブラージョウ 穴の開いた板(ディスク)が内筒に使用されているシリンダー錠。キーがなければディスクが外筒に引っかかり内筒を 廻す事はできない。ウェハータンブラー錠と呼ばれる事もある。
ディンプルキー
ディンプルキー ピンタンブラー錠の鍵の形態の一種で、キーの両端ではなくキー面にクレーターのようなくぼみがあるキーの事をさす。 セキュリティ性は高く、通常のピッキングで解錠する事は出来ない。
デッドボルト
デッドボルト 施錠するためのカンヌキで、キー及びサムターンで操作する。
出店荒し
デミセアラシ 閉店中の店舗に侵入し、金品を盗むこと。
テンキー
テンキー 設定した暗証番号を打ち込むことによって電気錠を解錠させる機能。キーレスで多人数が使える。
テンキー錠
テンキージョウ 暗証番号にて開錠操作をする錠。複数の数字ボタンを押して操作する。
電気錠
デンキジョウ 電気的遠隔操作により施開錠ができ、さらに施開錠の確認信号、扉開閉の確認信号を得る等の機能を備えている錠前。
電気ストライク
デンキストライク 枠側の錠受け(ストライク)を電気的に解錠できるようにした電気錠。自動施錠錠と組み合わせて使用する。防雨タイプなので門扉などに向く。本体もコンパクトなので細框ドアで用いることも多い。
電磁石錠
デンジシャクジョウ 扉枠に取り付けした大きな電磁石が、扉に取り付けしたスチールの吸着板を強力に吸着することで扉を施錠する仕組み。 通電中のみ施錠となる。既設扉に電気錠を納められない場合にも設置可能で屋外にも使用可能。
ドアガード
ドアガード 室内から扉をわずかに開けて、来訪者を確認するときに使用する防犯金具。ドアを開けた状態では外せない。
ドアクローザー
ドアクローザー ドアを自動的に閉めるための油圧装置。通常、ドアの上部に、箱型で付いている。ドアチェックとも言う。
ドアスコープ
ドアスコープ 玄関などのドアに取り付ける広角レンズ。ドアを開けずに来訪者を確認でき、防犯に役立つ。
ドアチェーン
ドアチェーン 室内から扉をわずかに開けて、来訪者を確認する時に使用する防犯金具。
同一キーシステム
ドウイツキーシステム

複数のシリンダーを一本の鍵で施開錠できるシステム。玄関ドアの2ロックは殆どこのシステムである。

扉厚
トビラアツ 戸の厚さの寸法。
共連れ
トモヅレ 入場権限のある人に続いて、一緒に入場してしまうこと。マンションのエントランスなどにあるオートロックドアで、住人がロックを解除して入ろうとするところに、住人ではない人が一緒に通過してしまうこと。
ドリリング
ドリリング 解錠が困難であったり、錠前が破損している場合などに行う、破錠による解錠のこと。
内筒
ナイトウ シリンダーの中心となる部品。内筒が回転することによりシリンダー錠は開錠される。
長沢製作所
(NAGASAWA)
ナガサワセイサクジョ

キーレックス、エルムシステム、レバーハンドルなど、建築金物の製造販売を行うメーカー。

南京錠
ナンキンジョウ 取り外して持ち運びが出来る小さな錠前。
ノブ
ノブ ノブ自体は取っ手の役目を果たし、ラッチボルトの出し入れを行う。
バイオメトリクス
バイオメトリクス 声、顔、指紋、虹彩などの身体的特徴を用いた個人認証技術全般のこと。
破錠
ハジョウ 錠前あるいはシリンダーを破壊して解錠すること。
八万ロック
ハチマンロック ピンタンブラー錠の1種で鍵穴が丸くなっている。ゲーム機器や自動販売機等に使用されている。
バックセット
バックセット 扉フロント面からシリンダー中心までの距離。
発報
ハッポウ 検知器等が異常を促え信号を発すること。
パニックオープン
パニックオープン 非常時に自動的にドアが開き避難を容易にする機能。不特定多数の人が出入する建物、高齢者施設や病院などの建物で、より高い避難性を確保するために有効。
バンピング
バンピング バンプキーと呼ばれる鍵で解錠する手口。
BL部品
ビーエルブヒン 財団法人ベターリビングが認定している、優良住宅部品のこと。
BLマーク
ビーエルマーク ベターリビングマーク機能、耐久性、施工性などの点で優良と認定された住宅部品につけられる証紙。
引違戸錠
ヒキチガイトジョウ 2枚の引戸が重なる部分に取り付けられる錠前。室内側と室外側の錠をかみ合わせることで施錠する。 召し合わせ錠ともよばれる。和風の戸建玄関に使用される。
引戸錠
ヒキドジョウ 鎌で施錠される引戸用の錠前。戸先鎌錠ともいう。
非常通報スイッチ
ヒジョウツウホウスイッチ 手、足などで操作し、非常を通報するスイッチ。
非接触ID認証
ヒセッショクアイディーニンショウ カードリーダーにメディアを近づけると反応して電気錠を解錠させる機能。
ピッキング
ピッキング 純正キーや合鍵を使わずに鍵穴から解錠すること。
病院荒し
ビョウインアラシ 病院、診療所等の建物に侵入し、金品を盗むこと。
表示錠
ヒョウジジョウ 現在使用中かどうかを色(青、赤)によって知らせる錠。トイレ錠によく使われる。
開き
ヒラキ 扉が室内側に開くもの→内開き。 扉が室外側に開くもの→外開き。
ピンタンブラー錠
ピンタンブラージョウ シリンダー錠の内筒と外筒にピンが使用されている錠。
ファッションキー
ファッションキー 住宅のキーや車のキーに、イラストや柄のある物、鍵の頭にマスコットなどが付いているカギ。
プッシュプル錠
プッシュプルジョウ

室外側からはハンドルを引く、室内側からはハンドルを押す動作で扉を開けられる長い取っ手の錠前。
扉を開ける方向にグリップハンドルを動かすと、ラッチボルトが外れる。2000年頃からは、玄関錠の主流となっている。

フラッシュドア
フラッシュドア 枠(わく)や桟(さん)などがまったく外に見えない一枚板のような戸。芯材(しんざい)の上に合板などを接着させて表面を平らに仕上げてある戸。
フラッシュライト
フラッシュライト セキュリティシステムを構成する機器のひとつ。外壁に設置し、異常が発生した際に点滅することで周囲に異常を知らせるとともに、緊急対処員が駆けつける際の目印となるライト。
ブランクキー
ブランクキー カギ山が削られていない(未加工)状態のキー。これを元に合鍵が作られる。
フロアヒンジ
フロアヒンジ お店の出入り口やマンションの出入り口などのドアの軸下の床に埋め込まれているもので、ドアの重量を受けてドアの開閉スピードの調整を可能にする物。
フロント
フロント ドア側面のカンヌキがある部分のプレート部分をいう。
ホームセキュリティ
ホームセキュリティ 家庭(住宅)において、災害や侵入者を検知して警報を発生させるシステムをいう。
防盗金庫
ボウトウキンコ

主に盗難防止を目的とした金庫。
耐火金庫と同様の耐火性能に加えドリルやバールなどの工具類による破壊からも内部を強固に守る。

防犯カメラ
ボウハンカメラ カメラの画像をモニタで見ることにより、状況監視を行うものをいう。
防犯ガラス
ボウハンガラス ガラスとガラスの間に特殊なフィルムを挟み込み、耐貫通性能を飛躍的に向上させた窓用建材のこと。
防犯フィルム
ボウハンフィルム 透明な樹脂製で、ガラス面に貼ることで破壊行為による亀裂が生じても手が入る程の穴を開けにくくするフィルム。
補助錠
ホジョジョウ ドアや窓のメインの錠とは別に、補助的に設ける錠前のこと。泥棒に時間をかけさせ、侵入をあきらめさせるための対策。 特に、窓にはクレセント錠とは別に、補助錠を取り付けることが有効な対策。
堀商店
(HORI)
ホリショウテン

錠前メーカーの老舗で約100年の実績がある。錠前は高級感がある。
役所、官公庁や高級マンションなどに多く使われている。

本締錠
ホンジマリジョウ デッドボルトだけを備えた錠前。ドアに埋め込むケースロック本締錠と、室内ドア面に取り付ける面付本締錠がある。 
マグネットタンブラー錠
マグネットタンブラージョウ 同極同士の磁石の反発力を利用してマグネットを外筒へ動かし内筒を回転させる方式の錠前。 キー側面にマグネットを埋め込んでいる。
マスターキー
マスターキー

1本のキーで複数の錠前を開けられるカギ。逆にマンションの入り口のように、どの家庭のキーでも開けられるようなシステムを逆マスターキーという。

窓サッシ用補助錠
マドサッシヨウホジョジョウ クレセントを開けられても窓サッシが開かないように窓枠に取り付ける補助錠。
マルティロック
マルティロック イスラエル製で世界70カ国で使用。軍隊でも使われており、頑丈さは世界でも定評がある。
美和ロック
(MIWA)
ミワロック

住宅ロックメーカーの最大手。錠前だけでなくドアクローザーなどのドア周辺の建築金物も多く生産している。

無施錠
ムセジョウ 施錠していない状態。侵入の手口として依然多い。
召し合せ錠
メシアワセジョウ 引違戸錠のこと。
面格子
メンコウシ 住宅の窓の外側に、防犯などを目的として取り付ける金属製の部材。
面付箱錠
メンツハコジョウ 室内側の扉面に錠ケースを取り付ける錠前。強度、防犯性に優れており、集合住宅玄関扉に広く使われている。
面付本締錠
メンツホンシジョウ 面付錠の1種で本締まりタイプ(カンヌキのみ)の錠前。シリンダーもぎ取り対策として長座が付いた錠や、 サムターン廻し対策された錠が増えている。増設する補助錠によく使われる。
モーター錠
モータージョウ 通電によりモーターを動かして施解錠する電気錠。マンションエントランスなどによく用いられている。既設改造工事でもよく採用され、住宅・店舗・事務所などオールマイティな存在。
もぎ取り
モギトリ シリンダー及び、シリンダーのついたノブを強引にもぎ取ってしまう手口。
モノロック
モノロック 円筒錠のこと
焼き破り
ヤキヤブリ 窓のガラスを強力ライターやバーナーなどで焼いてガラスを割る方法。
ユーシンショウワ
ユーシンショウワ 元はSHOWAというメーカー、現在の社名はユーシンショウワ。アパートなどの錠前としてよく使用される。 代表シリンダーはXキー、NXキー等。
ユーロプロファイルシリンダー
ユーロプロファイルシリンダー 欧州共通の規格で製造されたシリンダー。形状が統一されているので、メーカーに関係なく互換性がある。
洋室錠
ヨウシツジョウ 内側から簡単に施錠でき、非常時には外側からキーを用いずに開錠できる錠前。
ラッチボルト
ラッチボルト 扉が風であおられないための仮締まりで、ノブまたはレバーハンドルで操作する。扉を閉じると同時に、三角形の先が 自動的に受け座の穴に入る錠前の先端部分。
リバーシブルキー
リバーシブルキー 鍵山が左右対称になっているのが特徴。キーの挿入方向を気にせず鍵穴に差し込める。車のキー、バイクのキーは ほとんどがリバーシブルキー。その他バリアフリー対応の為に普及してきた。
両面シリンダー
リョウメンシリンダー 室外側だけでなく、室内側にもシリンダー(鍵穴)をつけること。
レバータンブラー錠
レバータンブラージョウ 鍵穴が前方後円墳のような形状をしている錠。錠前内部に可変式の障害物となる板が設けられていて、板状のタンブラーがテコのように動く。
レバーハンドル錠
レバーハンドルジョウ 取っ手がレバーハンドル形状の錠前。施開錠機能を持つレバーハンドル式ケースロック錠は玄関ドアに使用される。 ラッチ機能のみのレバーハンドルは室内用錠として使用される。
ロータリーディスクタンブラー錠
ロータリーディスクタンブラージョウ ディスクタンブラー錠の進化型。回転式タンブラーが内筒の中を回転する。すべてのタンブラー溝がシアラインに揃わなければ、ロッキングバーが外筒に引っかかる事で防犯性を高めている。MIWAロックのU9、UR、PRシリンダー採用されている。
ワンドアツーロック
ワンドアツーロック 1つのドアに錠前が2つ以上付いていること。あるいは、錠前が1つのドアに補助錠を追加設置すること。 戸建物件でも集合住宅でも玄関ドアには2ロックが標準になりつつある。

トップへ戻る